【公開シンポジウム 2020】【#salon290】 2020年12月13日

タイムリーなテーマ、多様な登壇者とトピック、自由な議論は、サロンらしくてた刺激的でした。もっと多くの方に来てほしかったのはありますが、年末のこの時期に、第1部、第2部とも30名弱が来てくれたのはよかったと言えるでしょう。オンラインの可能性(居場所にかかわらずつながることができる)と課題(「ながら」になりがち=集中できない)をともに感じ、「Afterコロナ」を考える貴重な機会となりました。

第 1 部 コロナ禍でみえた“ゆたかなくらし”の新しいすがた-「イベント」を中心に
 1.スタジアムからみえるもの
          宇都宮徹壱(写真家・ノンフィクションライター)
 2.まつりとアートとスポーツと
          土谷 享 (現代アートユニット KOSUGE1-16)
 3.U-18 フットサルからみえるもの
          本多克己 (NPO サロン副理事長)
第 2 部 コロナ禍でみえた“ゆたかなくらし”の新しいすがた-「新しい日常」を中心に
 1.働き方の変化とリモート旅行の試み
          田中理恵 (会社員/「リモート旅行部」共同主宰)
 2.海外勤務で感じたこと
          春日大樹 (某日系総合電機メーカー上海支社所属)
 3.休み時間はアフリカに
          岸 卓巨 (A-GOAL プロジェクト代表/ NPO サロン事務局長)

 ■主 催 : 特定非営利活動法人サロン 2002
 ■日 時 : 2020(令和 2)年 12 月 13 日(日)
   第 1 部 : 10:00 ~ 12:00
   第 2 部 : 16:30 ~ 18:30
 ■会 場 : Zoom を用いたオンライン
 ■演者
   第 1 部 コロナ禍でみえた“ゆたかなくらし”の新しいすがた-「イベント」を中心に
    宇都宮徹壱(写真家・ノンフィクションライター)
    土谷 享 (現代アートユニット KOSUGE1-16)
    本多克己 (NPO サロン副理事長)
   第 2 部 コロナ禍でみえた“ゆたかなくらし”の新しいすがた-「新しい日常」を中心に
    田中理恵 (会社員/「リモート旅行部」共同主宰)
    春日大樹 (某日系総合電機メーカー上海支社所属)
    岸 卓巨 (A-GOAL プロジェクト代表/ NPO サロン事務局長)

   コーディネーター
    中塚義実 (NPO サロン理事長/筑波大学附属高等学校)

【報告書】 https://salon2002.net/src/pdf/asobi/2020/asobi202002.pdf