【Salon#307】2022年5月10日 オンライン(Zoom)開催
NPOサロン2002が主催する「U-18フットサルリーグチャンピオンズカップ(U-18FLCC)」を契機に、全国各地にU-18リーグが創設されています。「ユースリーグ」はサッカー界では当たり前。U-18フットサルリーグも、前回取り上げた「DUOリーグ」のムーブメントに沿って展開しています。
しかしながら、日常生活の一部であり、最高の“遊び”であるはずのリーグ戦が、単にU-18FLCCへの出場権を得るための予選として総当たり戦をこなすだけのものに陥っていないかが気がかりです。実際のところ、スケジュール(サッカー活動や学校生活との調整)、会場確保と移動手段、経費負担、審判・運営スタッフや引率者・指導スタッフの確保など、さまざまな課題を抱えていることを把握しています。加えて、先の見えないコロナ禍で、現場はみな大変な思いをしてきました。
2022年度の始まりにあたり、「キックオフミーティング」として、全国各地のU-18リーグの現状と課題を出し合い、「どこへ向かうべきか」についてベクトル合わせをしました。
【日 時】
  2022年5月10日(火)19:30~21:30(終了後はオンライン懇親会)
【演 者】
  中塚 義実 (NPOサロン2002理事長/筑波大学附属高校)
  本多 克己 (NPOサロン2002副理事長/㈱シックス)
  ほか全国各地でU-18フットサルリーグに携わる皆さん
【大まかな時程と内容】
  19:30~19:40 趣旨説明・参加者紹介
  19:40~20:30 <前半>プレゼンテーション
   1)育ててほしいU-18フットサルリーグ-サロン2002からのメッセージ(中塚)
   2)U-18フットサルリーグチャンピオンズカップの現状と課題(本多)
   ※コロナ禍での大会運営と動画配信の取り組み/各地域リーグの2021年度実施状況など
  20:30~21:30 <後半>ディスカッション
   1)2021年度の各リーグの状況と2022年度の見通し(各リーグ関係者)
   2)U-18フットサルの今後

【報告書】  作成中

なお、「ユースリーグ」「U-18フットサル」については、月例サロンで何度か取り上げています。
・2019年2月27日 サロン 2002 からのメッセージ① ユース年代にリーグ戦を
 -U-18 フットサルリーグ・チャンピオンズカップをめぐって-
 https://www.salon2002.net/src/pdf/monthly_report/2019/2019-2.pdf

・2020年7月8日 「With コロナ」の時代に向けて①-2020 年度の U-18 フットサルをめぐって
 https://www.salon2002.net/src/pdf/monthly_report/2020/2020-7.pdf

・2021年1月28日 第 5 回 U-18 フットサルリーグチャンピオンズカップを振り返って
 -「with コロナ」の新たな様式とは
 https://www.salon2002.net/src/pdf/monthly_report/2021/2021-1.pdf

・2021年3月13日 東京都におけるU-18フットサルの20年-過去・現在・そして未来に向けて
 https://www.salon2002.net/src/pdf/monthly_report/2021/2021-3.pdf