最新月例会案内

最新月例会案内 Announce

開催日時 2017年12月19日(火) 19時00分
場所 筑波大学附属高校
テーマ 運動部活動のいま
コメント ≪2017年12月(通算256回)月例会案内≫
【日 時】2017年12月19日(火)19:00〜21:00
【会 場】筑波大学附属高校3F会議室(東京都文京区大塚1-9-1)
有楽町線護国寺駅下車徒歩7分または丸の内線茗荷谷駅下車徒歩8分。お茶の水女子大裏。
校門を入って直進。高校前庭に面した1F体育教官室から校舎内に入り3Fへ(校舎内土足可)
注1)校門が閉まっていたら中塚携帯(090-1423-9289)にTELしてください。門を開けます。
注2)終了後は護国寺方面の中華料理屋「ルン」跡地の「景宜軒」(03-6902-1369)に繰り出します。
【テーマ】運動部活動のいま
【演 者】嶋崎雅規(NPO法人サロン2002理事/国際武道大学)
【概 要】
 学校運動部活動は、放課後すぐに学校の仲間たちと手軽にスポーツを楽しめる有効なシステムとして、我が国が誇るべきものである。笹川スポーツ財団(2017)によると、2016年現在、中学生の66.5%、高校生の44.2%が運動部活動に参加しているとされている。しかし、そのシステムも限界にきている。
 その中で、部活動顧問となった教員たちは、休日も返上して生徒のために部活動の指導にあたっている。放課後も部活動指導の終わった後、翌日の授業の準備や事務処理等を行うため帰宅は深夜に及び、過労による健康問題も心配される。その部活動に対する手当はごくわずかであり、ほとんど教員のボランティア精神で成り立っている。
 このような状況を「ブラック部活」と呼ぶ言説がネット上を賑わし、一部の若手教員を中心に「部活問題プロジェクト」が立ち上げられ、「顧問をする・しないの選択権をください」という呼びかけに、2か月余りで2万3千筆を超える署名が集まり、文部科学省に提出されたことが報道されている。
 これまで運動部活動が日本のスポーツを支えてきたことは間違いない。運動部活動の現在について報告し、参加者のみなさんとともに「これからの望ましい運動部活動のあり方」について議論したい。
【参加申込】サロン2002のHPからお申し込みください。参加費1,000円です。
【報告書作成者】募集中

出欠確認フォーム Announce

お名前
参加/不参加  
一言コメント
削除用PW
※予定を変更される際に必要なパスワードです。
半角英数字の4文字を登録してください。

参加・不参加一覧 Announce

  • 参加者一覧
  • 中塚義実  「タイムリーな話題です。当事者としても気になります。」
  • 本田 康弘
  • 村松邦子  「久し振りに参加させていただきます。」
  • 岸 卓巨
  • 斎藤 芳  「9月に初参加させて頂きました。また勉強させて頂ければ幸いです、よろしくお願い致します。」
  • 氏家美優  「川戸湧也先生からご紹介いただきました。大変関心がありますので、学ばせていただければ嬉しいです。よろしくお願い致します。」
  • 安藤裕一  「とても関心があります。」
  • 長尾樹
  • 白井浩司  「長尾氏紹介」
  • 池上 功  「いろいろと勉強させて頂きます。よろしくお願いいたします🙇」
  • 関拓美  「初参加となります。よろしくお願い致します。」
  • 小平健太郎
  • 岸 弘之
  • 守屋 俊秀・佐栄  「冬の練習後の塩と白湯」
  • 欠席者一覧
  • 欠席者はいません。

削除用PW  
※削除・変更をご希望の方は、ご自身のお名前の横にあるチェックボックスに印を入れ、削除用パスワードを入力した上で削除して下さい。

PAGE TOP